<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.11.17 Tuesday

上級コース レッスン



上級コース(4年生)のレッスンですき

petit four demi-sec (プティフール・デュミセック)

プティフールとは、一口で食べられる小さいお菓子の意味
デュミセックとは、 半乾き・半生状態のお菓子の意味

本日は、プティマドレーヌ きらきら タルトフリュイ きらきら タルトガナッシュ きらきら サブレシトロン

の4種類を 作りますヤッタv汗



2種類の違うプチタルト型にシュクレ生地を敷き、クレームダマンドを絞ります

サブレのシュクレも一緒に焼きます ニコッ



焼きあがったタルトの上にガナッシュを絞り、ピラミッドの形に成形中

コツを掴むまでは、なかなかピラミッドになってくれませんね汗

「ほら〜汗富士山になっちゃった〜kyu」なんて言いながら 何とか出来ましたよ手

   

さぁ〜ヤッタv どれから食べるか迷ってしまいますき
2015.11.13 Friday

ヘクセンハウス



研究コース メニュークリスマス

クリスマスHexenhaus  (ヘクセンハウス)

ヘクセンハウスとは、グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」で登場するお菓子の家 

本当は、[魔女の家] という意味なのですが 

教室で作るのは、[サンタクロースのお家] にしましたニコッ人差し指



クリスマス完成したヘクセンハウスを眺めながら、カイ君が

「サンタクロースは、外に出て何をしているの?」  と聞いてきました

「サンタクロースは、今からそりにプレゼントを積んで子供達に配りに行くところだよ」  とっさに答えると

「なかなか いいね〜手」  なんて言いながら 

「ず〜と 見てても飽きないな〜kyu」  と いつまでも いつまでも 眺めていましたき



窓には、飴で作った ステンドグラス

LEDのジュエリーライトきをハウスの中から照らせるようにしてありますき

いや〜♪ 小学校の工作みたいで めちゃくちゃ 楽しい〜ヤッタv

工作を作っては、真っ先に 「お母さん見て見て〜!」って言っていたのを思いだしますニコッ



優しい光が、よりクリスマスムードを盛り上げますヤッタv

もちろん、リボンとライト以外は、全部食べられますよ〜kirakira2
2015.09.08 Tuesday

基本コース レッスン 


基本コースのメレンゲのお菓子

Eponnge  (エポンジェ)

アーモンドをふんだんに使う、香ばしいお菓子

絞りのコツをつかむまでは、ソロソロと・・・

絞りは、リズムとスピード!

この2つが出来ると形・大きさが安定しますよ〜

そうそう ^^ その調子!



アーモンドダイスをたっぷりとつけて~



オーブンに入ります!

こんがりと焼きあがったら

チョコレートで貼り合わせ、ラッピングします 

    


このお菓子^^ 食べ出したら止まらない~!
2015.09.06 Sunday

研究コースメニュー [ 新作 ]

お待たせしました!  9月の新作が完成 ^^

Edlweiss Raisin  ( エーデルワイス・レザン )


秋の葡萄をテーマにしました ( 葡萄はフランス語で レザン )

さぁ〜^^お味が気になりますね〜 ふ ふ ^^

   15僂離▲鵐肇襯瓩任

ホワイトチョコレートのムース
( Felchlin社 ホワイトチョコ エーデルワイス を使用)

をベースに、真ん中はジェノワーズ・デラウェアーのジュレ

側面には、ジェノワーズのクランチ

大きな丸型と、ドーナッツ型のマカロンで挟んでいます



ホワイトチョコレートの濃厚な甘さと、デラウェアーの酸味を組み合わせ
飽きないお味にしました!
さらに、マカロンの食感と風味で絶妙なバランスになりました  ^^



断面もグリーンと、ホワイトが とっても綺麗です !^^!

     

食欲の秋到来!美味しい秋を楽しみますよ〜 ^^
2015.07.14 Tuesday

ムース・ヴァニーユ


本日のお菓子教室

7月の基本コースメニュー  [ムース・ヴァニーユ]

ムースのベースとなりますアングレーズソースと生クリームを合わせた
濃厚なムースに、真っ赤なジュレ・フランボワーズを組み合わせた人気の
ケーキです。

マダム・アキコさんの素敵なブログでお楽しみくださいませ。

ジョセフィーヌ・アキコのバラ日記
http://blogs.yahoo.co.jp/akikirara1122
2015.06.24 Wednesday

Chiboust citron vert ( シブースト・シトロンヴェール )

中級2年目の6月メニュー ( ライムのシブースト )

本来のシブーストはリンゴのシブーストです。キャラメリーゼしたリンゴを焼き込んでいくものが主流ですが、甘酸っぱい味が好きな私は、柑橘系に仕上げています。
ライムのフレッシュな果汁とすりおろした皮でシブーストを仕込み、
土台はサクサクのブリゼ生地にブリュレ生地とフレッシュオレンジを焼き込んで、シブーストをのせ、仕上げは、カリカリっとキャラメリーゼ

よく生徒さんに
「先生のお菓子の中で、好きなお菓子はなんですか?」
と聞かれますが、これは3本の指に入るんです!


 
2015.04.08 Wednesday

シャルロット・オランジェ

iPhoneImage.pngシャルロットとは、フランス語で、(貴婦人の帽子)を意味しています。
ビスキュイ[生地を絞って焼いた生地を型に敷き、ムースを流し固めたケーキ]
の形が貴婦人の帽子に似ていたことから、シャルロットと名がついたそうです。
香りの高いアールグレイのムースとオレンジのムースは上品な相性です。
旬のミネオラオレンジをたっぷりとのせています。iPhoneImage.png
ミネオラオレンジは、果汁が多く、柔らかい果肉、酸味 
は強めですが、コクのある甘さが特徴のオレンジです。
3〜5月の時期にしか出ない私の一押しフルーツです。
2015.03.07 Saturday

新作メニュー

プレジール・ショコラ

このお菓子は、私が初めてフランスに行った時に[ラデュレ]で食べて衝撃をうけた1番のお気に入りの一品を再現してみました。
10何年もあたためていたお菓子なので、遠い記憶を頼りにやっと作りました。
香ばしいヘーゼルナッツのダッコワーズを土台にサクサクのフィアンティーヌ生地を敷き、ほろ苦いガナッシュとプラリネクリームの間には、パリパリのミルクチョコレートを挟みます。
何種類ものナッツとチョコを楽しめ、何よりも食感が衝撃の楽しいお菓子です。

2015.03.06 Friday

ガレット・ブルトンヌ&ダンティル

中級コースメニュー

ガレット・ブルトンヌは、ブルターニュ地方の伝統菓子で、甘さとともに塩味が感じられるザックリとした食感の厚手のサブレです
ダンティルは、フランス語で[レース]の意味で、その名のとおりレースのような透かし模様に焼きあがる綺麗なお菓子です。
2015.01.14 Wednesday

ミルクレープ

1月の中級コースのミルクレープ

クレープ生地の間にクリームとフルーツを重ねたお菓子です
クレープ生地のモチモチとした食感に、濃厚なクリームと甘酸っぱいフルーツの組み合わせ、間違いないですね〜

フランスでは、2月2日は[聖母マリアお清めの日]で信者がろうそくを持って行進するそうです。その光の形が丸い形に見えることから、この日に丸いクレープを食べる習慣があるそうです。
Powered by
30days Album