<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リヨン 2日目 Part 1 ベルナシヨン | main | リヨン 2日目 Part 3 クープドモンド >>
2017.01.23 Monday

リヨン 2日目 Part 2 ポールボキューズ

ついにやって来ましたヤッタvkirakira2 18年 越しの夢が叶う時が・・・kirakira2

 

 

18年前に、初めてリヨンに来た時に知った憧れのレストラン

 

Paul Bocuse ( ポール・ボキューズ ) 50年以上 3つ星を維持しているお店

 

リヨンに来られるチャンスは、そう何度もないことだし、思い切って今回!夢実現させます!

 

 

外観はかなりカラフルなのとは対照的に、内装はクラシックな雰囲気 ( 小心者なので、あちこち写真が撮れず控えめにパシャリ )

 

 

 

最初に出迎えてくれるサービスプレートは、もちろん!ポールボキューズが描かれたお皿

 

このレストランの特徴は、すべての食器にポールボキューズのお顔、名前が刻まれているのです

 

そして、なんといってもお料理のボリュームがあるので、フルコースはとっても食べきれないそう

 

だから、今朝は朝食抜き、胃薬を飲み、予定外のリヨン街1時間ウォーキングのため、体調は万全!

 

それでも、フルコースは無理そうなので、アラカルトにします

 

まずは、ポテトのポタージュ・デニッシュ添え

 

そして、こちらは絶対に外せない ポールボキューズの代表メニュー 黒トリュフのスープ

 

1975年、エリゼ宮にて 時の大統領に振る舞われるために作られたスープ

 

こちら パパの スズキのポワレ

 

こちら 私の 牛フィレ肉とフォアグラのトリュフソース

 

もう、この時点でかなりお腹がいっぱいです! でもデザートまで絶対食べたい!

 

とそこへ・・・ど〜ん! わわわわわ〜!チーズ! 食べたいけど〜Docomo_kao8

 

  

私はデザートのためパスして、パパだけフロマージュブラン

 

ではでは、来ますよ〜kirakira2 デザートの世界が〜kirakira2

 

 

まずは、アソート菓子 & ムースショコラ

 

   

  

 

お好きなお菓子をお好きなだけどうぞ〜って! もう 嬉しすぎて 目がまわりそうkirakira2困るkirakira2

 

そして、なぜここに ベルナシヨンのガトープレジダン があるかと言うと・・・

 

フランス料理界の帝王 ポールボキューズの娘さんがベルナシヨンに嫁いだという縁で

 

「 ポールボキューズ 」 と 「 ベルナシヨン 」の素晴らしい組み合わせが実現しているんですって

 

こうして、夢のような憧れのお食事は終了 大変美味しゅうございましたちゅん

 

 

ポール・ボキューズさん現在91歳 現在も現役でお店に立たれているそうですが、

 

運が良ければ会えるのですが、今日は残念ながらお会いできませんでした

 

外にある、ポールボキューズの銅像と一緒の写真で満足です!

 

さ〜てこの後は、クープドモンド の会場へ向かいます手

Powered by
30days Album